増補 談志が死んだ

増補 談志が死んだ

立川流はだれが継ぐ
著者 立川 談志 (著者) 落語立川流一門 (著者)
発売日 2013/12/18   価格 2484円(税込)
判型・製本 四六判 並製   頁数 472
ISBN 978 - 4-907623-01-2   Cコード 0095
発行 dZERO   発売 dZERO

*本書は発送まで1~2週間かかります。

紙の本を購入する

祝! 落語立川流創設30周年! !

ファン待望、復刻リクエストの多かった20周年版『談志が死んだ』に新原稿を加え、落語立川流総勢54名が勢ぞろいの保存版!

【二十周年版】

前口上──談志とその弟子(山藤章二)

第一部 恐れ多くも、「家元」「立川流」「落語界」を語る

     オール真打ち 覚悟の対談・鼎談

     ●左談次 vs  ブラック vs 龍志

     ●談四楼 vs ぜん馬

     ●談之助 vs 談幸

     ●文都 vs 談春 vs 志らく

     ●里う馬 vs 志の輔

     ●文字助 vs 談春

     オール二つ目 肝だめし座談会

     オール前座 「立川流入門の動機」と「十年後の私」

中締め──家元と歩んできた人生(立川藤志楼= 高田文夫)

第二部 重ねて恐れ多くも、「談志落語」を語る

     龍志/志らく/志の輔/里う馬/ブラック/談四楼/左談次/ぜん馬/談之助/談幸/文都/談春/文字助/談笑/笑志(現生志)/志雲(現雲水)/志遊/談慶/談修

第三部 家元、「弟子」を語る

後口上──前途洋々たる未来(吉川潮)

【増補 三十周年版】

孫弟子真打ち&理由あって二十周年版に登場しなかった直弟子 観念の原稿(キウイ/こしら/志ら乃)

現オール二つ目原稿(錦魚/らく里/談奈/吉幸/志の春/志らべ/春吾/三四楼/志の八/幸之進/らく次/吉笑/志のぽん/らく朝/こはる/志奄/志獅丸/志らら/談吉/平林/春の輔)

現オール前座「入門の動機」と「十年後の私」

家元、「立川流」を語る……

資料の部 「落語立川流 名鑑」「落語立川流 年表」