談志の高座@クラウド 第1席  『庖丁』2006.4.15

談志の高座@クラウド 第1席 『庖丁』2006.4.15

出演者 立川 談志 (出演)
発売日 2013/11/01   価格 1500円 750円(税別)
動画時間 52分
発行 dZERO   発売 dZERO
  • ファンプラス「談志市場」で2012年5月24日に発売されました。

「談志の落語」映像だけを集めたシリーズが、ついに創刊!

原則として貴重な未公開高座ドキュメント映像を、時を追って順にお届けしていく予定(隔月刊行予定)。通常のTV放送や落語DVDなどとは異なり、落語部分だけではなく、トークやまくら、演じたあとの後口上までを、できるだけカットせずに、高座ドキュメントとしてお届けしていきます。

創刊第1席は2006年4月15日、前進座劇場(東京都武蔵野市)での「立川談志一門会」で談志が『庖丁(ほうちょう)』を演じた高座ドキュメント映像。談志は生涯で『庖丁』を数回しか演じておらず、その中でも貴重な、最後の『庖丁』を初公開! 談志登場までの場をつなぐ弟子たち(故・文都、談笑、故・談大)のトークから、演じたあとの後口上までノーカットで編集。『庖丁』がどのような演目で、談志は『庖丁』をどう試行錯誤して演じたのかなどについて、落語研究家・草柳俊一氏による詳細な解説テキストつきです。

 

 

担当編集から一言

落語の感動は一期一会、その場に居合わせた人だけが体感できる「空気」というものがあると談志は語っていました。本シリーズでは、その場に居合わせることができなかったファンの皆様に、少しでもその「空気」を感じていただくべく、原則としてノーカットで「談志の高座」をお届けします。

第1章 談志を待つ(2分16秒)

第2章 まくらとトーク(16分1秒)

第3章 落語『庖丁』(25分38秒)

第4章 後口上(8分16秒)

テキスト「談志の高座@クラウド」とは

解説テキスト「解説 談志の『庖丁』」