立川志らくの「アナロジー落語」第7号 志らくの高座② 『茶の湯』2010.4.13

立川志らくの「アナロジー落語」第7号 志らくの高座② 『茶の湯』2010.4.13

『茶の湯』2010.4.13
出演者 立川 志らく (出演)
発売日 2013/11/01   価格 1000円 500円(税別)
動画時間 33分14秒
発行 dZERO   発売 dZERO
  • ファンプラス「サイエンスエレメンツ」で2012年9月13日に発売されました。

家元談志復活の会、「立川流落語会」(2010年4月13日)に
出演する志らくのドキュメント映像を公開!

2010年4月13日、家元談志は入院・休養から約8ヵ月ぶりに「立川流落語会」(紀伊國屋ホール)で復活しました。

「立川志らくの『アナロジー落語』 第7号 志らくの高座②」は、この会に出演する志らくの姿を楽屋から高座後まで追った映像をドキュメント形式でお届けします。楽屋での談志との会話、舞台袖での様子、高座『茶の湯』、そして舞台直後の談志との対話まで、当日の雰囲気を楽屋風景も含め、余すところなくお見せします。

志らくによる『茶の湯』の解説動画、志らくの高座に耳を澄ませる談志の姿を捉えた貴重な映像付き。

 

 

担当編集から一言

「志らく、『茶の湯』を語る」のなかで、志らく自身が「私にとっては、本当にいい映像が」と語っているように、今回、おまけとして収録している「談志、志らくの『茶の湯』を聴く」は、とても心にグッとくる映像です。高座本編と合わせてぜひお楽しみ下さい!

全編再生(24分21秒)

第1章 お先に失礼します(2分08秒)

第2章 落語『茶の湯』(20分37秒

第3章 師匠・談志と対話(1分48秒)

おまけ 談志、志らくの『茶の湯』を聴く(1分43秒)

志らく、『茶の湯』を語る(4分30秒)

解説テキスト

用語集